中学校卒業からすぐ目指せる音楽・ダンス・K-POP・V-Tuber・芸能の学校

  • フリーダイヤル 0120-532-314
  • メール koutoukatei@tsm.ac.jp
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 資料請求
  • 体験入学&オープンキャンパス

卒業生の声

『夢』を叶えた卒業生達(※姉妹校実績含む)

プロダンサー専攻 卒業
觸澤 さん

Q1
TSMを知ったきっかけ
兄が札幌の姉妹校に通っていたので、知りました!
Q2
在学中に学んで役立っていること
様々な現場で撮影・パフォーマンス・その時にしか感じられない事を沢山吸収する事が出来きました!色んな人を見て自分も成長出来る場所だったと思います!
Q3
今の生活と目標
今は芸能スクールに通っていますが、自由がとても大好きな性格なので、自分がしたい事だけで無く、嫌だと思う事もどれだけ自分のものに出来るかだと思います。何事もとりあえずやってみる精神で楽しみたいと思います!

ギター専攻 卒業
北澤 さん

Q1
TSMを知ったきっかけ
私立高校に通っていた1年生の時に軽音楽部に所属していたのですが部活で大会に出ることが決まり、その時の会場となっていたのがTSMでした。それから2年生になる頃に本格的に音楽をやりたいなと思い始め、TSMの事を思い出し調べた結果、高等課程があるというのを知り転入学をしました。
Q2
在学中に学んで役立っていること
私はギター専攻だったのですが、アンサンブルの授業ではバンド形態でのアプローチの仕方、楽曲に対する向き合い方、また音楽理論の授業では曲作りに必要な知識を得ることなどができました。
そしてそれら専攻しているものの技術だけでなく、業界で活躍するために必要な知識等も教えて頂きました。
Q3
今の生活と目標
TSMで学んだ事を活かし日々、作詞作曲活動を続けています。
サポートギタリストやサポートドラマーとして活動をしていきながら、アニメ業界など多方面への楽曲提供をしていくことを目標に取り組んでいきたいと思っています。

俳優専攻 卒業
満野 さん

Q1
TSMを知ったきっかけ
東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校 高等課程を知っていた友達から、紹介をしてもらって、パンフレットやホームページを見て、ここに転入学しようと思いました。
Q2
在学中に学んで役立っていること
在校中は様々な授業やプロジェクトに参加することで、自分の力を身に付けることができました。特に、大変なことやつらいことなど、どんなことがあっても、やる気となるモチベーションを持続させることの大切さを学びました。
Q3
今の生活と目標
劇団に所属して、数多くの舞台や撮影などの現場に行かせて頂いて、勉強させてもらってます。それを機会として、成長させてもらえたらと思っています。当たり前ですが、自分を磨くことに必死に努力しています!

声優専攻 卒業
大金 さん

Q1
TSMを知ったきっかけ
どうしたら声優になれるのだろう? と調べていくうちに、TSM高等課程を見つけました。すぐには親に言えなかったのですが、自分の考えはきちんと伝えようと、話してみました。始めのうちは両親もかなり心配していたのですが、一緒に体験入学に行ったりして、私の夢が変わらないことをわかってもらいました。
Q2
在校中の寮生活について
親元を離れて学生寮で生活していました。寮生活に慣れるか少し不安でしたが、食事は美味しいですし、学校や寮の友人もできたので、楽しく過ごせました。舞台公演の本番には両親と地元の友人たちも見に来てくれて、夢にむかって頑張っている自分の姿を見てもらえるのは嬉しかったです。
Q3
今の生活と目標
舞台公演の本番に、両親と地元の友人たちが見に来てくれて、夢にむかって頑張っている自分の姿を見てもらえるのは嬉しかったです。現在はEARLY WINGの養成所でトレーニングを続けています。自分が目指している声優になれるよう、日々の努力を続けていきたいです。

シンガーソングライター専攻 卒業
佐藤 さん

Q1
TSMを知ったきっかけ
音楽の勉強ができる高等課程に入りたくて、自分で調べて見つけました。
Q2
在学中に学んで役立っていること
作詞と作曲の授業。
1年生の時はまだ何も分からない状態だったので、その時に教えてもらったコード進行や歌詞の書き方が、今の活動に役立っていると思います。
在校中に新人発掘プレゼンテーションにて、ビクターミュージックアーツに所属することが決まりました。
Q3
今の生活と目標
高等課程を卒業してからは、音楽大学に進学しました。今はもっと深く学びながら、音楽活動をしています。
高等課程在学中に学んだことも活かしながら、人の心に残る歌を作っていきたいです。

ダンスプロフェッショナル専攻 卒業
栗林 さん

百花繚蘭AXISのパフォーマーとしてデビュー!

雑誌に載っていた舞台のダンサーオーディションに応募したら、その舞台の脚本をしていた今のプロデューサーにダンス&ボーカルのメンバーに興味はないかと勧めていただき、グループのオーディションを受けました。
現在の活動内容としては、名古屋を中心にアイドルの対バンライブなどに土日出演しています!まだ活動して一カ月もたっていませんがデビューライブの中スポ音楽祭では東海テレビ賞もいただきました!
今後は百花繚蘭AXISとしても栗林光としてもたくさんの方に想いを伝えるパフォーマンスを届け続けれるようにそして上に上に上がって行きたいとおもっています。


芸能活動併修コース 卒業
坂本 さん

2020年1月「Carry On」でメジャーデビュー!

私はOSMからTSMに転校してきたんですが、まだOSMにいた2年の時にJin Nakamuraプロデューサーのオーディションに合格し、それがきっかけで上京してきました。TSMに通いデビューに向けた練習をしてきて、2020年1月に「Carry On」でメジャーデビューをさせていただきました。
今スタート地点に立ったばかりですが、今後はLIVE活動をしながらたくさんの方に私の歌を聴いてもらえるように頑張るつもりです。機会があれば是非yukaDD (;´∀`)のLIVEに来てもらいたいです!!


K-POPコース K-POPダンス 卒業
野仲 さん

唯一無二の新しいアーティストを目指しています!!

Q1
入学をしようと思ったきっかけは?
K-POPアーティストになりたいな…となんとなく思ってたけどどうしたらなれるかわからなくて本当に普通に中学まで過ごしてて…。
中学校の掲示板にK-POPコースを自分で見つけてこれだと思ったんです。高校に入るまで、本当にダンスも歌も習っていなかったけど子供のころからずっと家でマネをしてたんです。『K-POPアーティストを目指したい』と言ったらお母さん達も『フリフリ踊ってる姿をずっと見てていつかシャナはアーティストになりたいというと思ってた』と言われました。だから背中を押してくれて学校に入ることを決めました。
『やるからには学校の先生を超えるように頑張りなさい』と言ってくれてがんばろうと思いました。
Q2
K-POPを目指した理由は?
中学1年~2年まで本当に普通の子で愚痴を言ったり、友達ともめたり…実は先生から注意されることもたくさんあって。
でも中学3年生になってYGのオーディション番組『WIN-Who Is Next-』『mixmatch』などを見てダンスができるとか歌がうまいとかではなく、この人たちみたいに中身がかっこいい人になりたいと思ったんです。
そこでデビューした人たちは、愚痴も言わないしどんなことにも全力で頑張ってて。
努力するという事はなに?練習する意味って何だろう…
なんか本当に『がんばる』ってかっこいいってすっごく思ったんです。
だからアーティストがかっこいいと思ったし、韓国でこんな風に頑張ってデビューしてみたいと思ったんです。
Q3
オーディションを受けた理由は?
2年生になってとにかくあるオーディションは全てチャレンジしようと決めました。憧れていたYGに入りたいと思っていたけど…
自分の夢をかなえるためにすべてのチャンスにチャレンジすると決めたんです。
ただ本当は今回のオーディションはいろんなことが重なって受けるか悩んでて…。
それは理由にならないと思ってギリギリでエントリーしました。それが今回良い結果につながったんです。
Q4
学校で学べたことは?
人とのコミュニケーションだと思います。スキルを学ぶことは当たり前だけどレッスンもステージも1人ではできなくて、どういう風に一緒に練習していくかなど一人ではできないところが大切だと学べました。
今韓国で構成の練習をしててもSO.ONprojectで構成をしてても感じるし、人と合わせて踊るトレーニングの大切さを感じてます。
Q5
後輩たちに伝えてあげたいことはなんですか?
全ての出来事が未来につながると思ってどれも全力で頑張って欲しい。それは日常の事でも、例えば掃除をすることですらもそうだし、苦手なジャンルのダンスも本当に全部全部!全部自分のプラスになる。
自分の意識と考え方を変えていけば全てがデビューに必要なことだと思って頑張れると思うし、実際嫌なことの方が大切だと思ったから。
Q6
これからの夢は
シャナという新しいアーティストになることです。
唯一無二の存在になりたい。シャナに関わってきたすべての人が、自慢したくなる人になりたい。
マジでずっと自分自身の目標を持って頑張り続けてがんばりたいんです。

PAGE TOP