1. HOME
  2. 入学案内

入学案内

募集学科・応募資格

普通科・通信制課程(単位制)

  • 専門特化型コース
  • TSM高等課程ダブルスクール
  • 通学コース(週1日・3日・5日)
  • 通信コース
  • 中学校もしくはこれに準ずる学校を卒業した者、または令和3年3月中学校卒業見込み者。
  • 中学校卒業と同等以上の能力があると文部科学大臣が認めた者。

※TSM高等課程ダブルスクールコースへの入学はTSM高等課程への入学が決定している方に限ります。

必ず学校説明会・相談会にご参加ください。

試験会場・入学願書受付期間・入試日

第1回

  • 入学願書受付期間2020年12月14日(月)~2021年1月14日(木)
  • 入試日2021年1月17日(日)

第2回

  • 入学願書受付期間2021年2月1日(月)~2021年3月4日(木)
  • 入試日2021年3月7日(日)
  • 上記日程以降は直接学校へお問い合わせください。

試験会場

東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-14-8

合否通知

試験後10日以内

滋慶学園高等学校 東京学習サポートコース入学事務局

フリーダイヤル:0120-532-304

(お電話は東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校に繋がりますので、滋慶学園高校についてとお伝えください。)

入試内容

  • 基礎力テスト(国・数・英)
  • 作文
  • 面接
(TSM高等課程ダブルスクールコース受験者は書類選考のみ)

提出書類について

提出書類等 備   考
入学願書

受験票・受験台帳・振替払込受付証明書台帳

  • 本校指定用紙を使用し、必ず本人が黒色のボールペンを使って楷書で記入してください。
  • 写真2枚(正面上半身、脱帽、無背景で3ヶ月以内に撮影したもの(4cm×3cm)。入学志願書、受験台帳(控)用にのり付けしてください。
  • 郵便局で受領した振替払込受付証明書を剥がれないようにのりで貼ってください。
調査書
  • 学校長が証印し、厳封したものを提出してください。
  • 出身中学校が所在する都道府県の公立高校提出用の書式に基づき、作成してください。
選考料(10,000円)
  • 本書添付の払込用紙にて郵便局より送金してください。
  • 選考料減免証(TSM高等課程ダブルスクールコース)

転入学・編入学について

転入学・編入学は時期を問わす随時受付中です。詳しくは学校までお問い合わせください。

募集学科・応募資格

募集学科

専門特化型コース

通学コース(週1・週3・週5)

通信コース

応募資格

  • 転入学:現在、高等学校に在籍している者。
  • 編入学:高等学校を中途退学した者。

選考方法

  • 基礎力テスト(国・数・英)
  • 作文
  • 面接

転入学・編入学提出書類

提出書類等 転 入 学 編 入 学 備   考
転入学・編入学願書

受験票・受験台帳・振替払込受付証明書台帳

  • 本校指定用紙を使用し、必す本人が黒色のボールペンを使って楷書で記入してください。
  • 写真2枚(正面上半身、脱帽、無背景で3ヶ月以内に撮影したもの(4cmx3cm)。転入学・編入学願書、受験台帳(控)にのり付けしてください。
  • 郵便局で受領した振替払込受付証明書を剥がれないようにのりで貼ってください。
転学照会状 不要
  • 校長が証印し、厳封したものを提出してください。
    ※年度途中の転入学の場合は”現在の履修科目および履修単位数を記載した書類”もご提出ください。
単位修得証明書
成績証明書
  • 校長が証印し、厳封したものを提出してください。
    ※年度途中の転入学の場合は“現在の履修科目および履修単位数を記載した書類もご提出ください。
在学証明書 不要
  • 校長が証印し、厳封したものを提出してください。
  • 休学期間がある場合は記入すること。
  • 複数在籍校がある場合は、全ての在籍期間を記載すること。
在籍証明書 不要
  • 校長が証印し、厳封したものを提出してください。
  • 最終在籍校へ作成を依頼してください。
  • 休学期間がある場合は記入すること。
  • 複数在籍校がある場合は、全ての在籍期間を記載すること。
選考料 10,000円
  • 払込用紙にて郵便局より送金してください。

学費について

TSM高等課程ダブルスクールコース

初年度学費一覧

滋慶学園高等学校学費 入学金 授業料
(1単位12,000円)
併習奨学金※1 A 小計 TSM高等課程学費 入学金 授業料 施設維持費 総合演習費 キャリア教育
振興費
B 小計 A B
年間合計
100,000円 300,000円
(25単位の場合)
90,000円 310,000円 100,000円 400,000円 300,000円 230,000円 45,800円 1,075,800円 1,385,800円

進級年度学費一覧

滋慶学園高等学校学費 施設設備費 授業料
(1単位12,000円)
併習奨学金※1 A 小計 TSM高等課程学費 授業料 施設維持費 総合演習費 キャリア教育
振興費
B 小計 A B
年間合計
100,000円 300,000円
(25単位の場合)
90,000円 310,000円 550,000円 300,000円 230,000円 45,800円 1,125,800円 1,435,800円
  • ※1滋慶学園高等学校とTSM高等課程の両方を学習する場合、併修奨学金が90,000円支給されます。
  • TSM高等課程学費については、生徒募集要項に準じています。
  • 海外修学旅行積立金(初年度・100,000円)、教本・教材費(毎年度・約70,000~100,000円)、健康管理費(毎年度・20,000円)が別途必要になります。

専門特化型コース

滋慶学園高等学校学費 通学スタイル 入学金・施設設備費※2 授業料
(1単位12,000円)
補習費 A 小計
週1日 100,000円 300,000円
(25単位の場合)
80,000円 480,000円
週3日 190,000円 590,000円
週5日 250,000円 650,000円
専門授業学費 授業料 施設維持費 総合演習費 B 小計
250,000円 300,000円 160,000円 710,000円
年間合計
(A B)
 
(週1日コース)
1,190,000円
(週3日コース)
1,300,000円
(週5日コース)
1,360,000円
実質負担額

世帯年収目安
590万円以上~910万円未満

(週1日コース)
1,069,700円
(週3日コース)
1,179,700円
(週5日コース)
1,239,700円
就学支援金(世帯年収目安590万円以上~910万円未満):25単位×4,812円=120,300円減額となります。
実質負担額

世帯年収目安
590万円未満

(週1日コース)
890,000円
(週3日コース)
1,000,000円
(週5日コース)
1,060,000円
就学支援金(世帯年収目安590万円未満):25単位×12,000円=300,000円減額となります。
  • ※2初年度は入学金、進級年度は施設設備費が100.000円必要になります。
  • 上記以外に、教科書代(約30.000円)、諸費用(約170.000円)が必要になります。
  • 履修する専門授業により、別途教材費等が必要になる場合があります。

各種制度について

高等学校等就学支援金制度

高等学校等に通う所得等要件を満たす世帯の教育に係る経済的負担軽減を目的とする返還不要の授業料支援制度です。支給申請を行うことより世帯年収に応じて、単位制・通信制課程の授業料(1単位あたり4,812円または12,000円)が支給されます。

次の計算式(保護者等の合計額)により判定

【計算式】判定基準額=区市町村民税の課税標準額(課税所得額)× 6%-区市町村民税の調整控除額

  • 住民税の課税地方が政令指定都市の場合は、「調整控除の額」に3/4を乗じて計算する

上記による算出した判定基準額 154,500円(154,500円以上) 支給額:300,000円 ※25単位を履修した場合の支給額です。

304,200円 支給額:120,300円

支給条件

  • 高等学校在籍期間が上限48ヶ月まで
  • 年間の支給対象単位30単位まで
  • 最大74単位まで(前籍校分を含み、修得単位数ではなく履修単位数)
保護者等の世帯年収(目安) 判定基準額 就学支援金(年間25単位の場合)
590万円未満 154,500円未満 300,000円
590万円~910万円未満 154,500円以上~304,200円未満 120,300円
910万円以上 304,200円以上 対象外
  • 保護者等の世帯年収は、モデル世帯(両親のうちどちらか一方が働き、高校生一人(16歳以上)、中学生一人の子供がいる世帯)について、判定基準を収入に置き換えた目安です。
  • 国の政策によって内容に変更が生じる場合があります。詳細については文部科学省ホームページをご覧ください。
  • TSM高等課程ダブルスクールコースはTSM高等課程での手続きになるため、支給額が異なる場合があります。

教育ローン・奨学金制度

日本政策金融公庫<国の教育ローン>

政府系金融機関である日本政策金融公庫が取り扱っている長期、固定金利でご利用いただける教育ローンです。
詳しくは教育ローンコールセンター(0570-0086656)までお問い合わせください。

学費サポートプラン(学校提携教育ローン)

その他奨学金

保護者の方の居住地により異なります。